八千代獅子

八千代獅子

作曲 藤永検校  作歌 園原検校  /年代 寛保年間

《解説》
この曲は、元来尺八曲であったものを、政島検校により胡弓に移され、更に藤永検校により三絃に移り、歌詞も園原勾当によって作られて祝賀曲として世に広まりました。
 歌詞の意味「いつまでも変わらない御代に生まれあわし、笙のあい竹の和音の美しい響きの世々は幾千代八千代と経過し、豊年の兆なる雪が常盤の松の二葉に降り降りかかり目出度い限りである。」

《歌詞》
いつまでも かはらぬ御代に あいたけの 
世々は幾千代 八千代ふる 
雪ぞかかれる 松の二葉に
雪ぞかかれる 松の二葉に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加